その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。

リンク

プロフィール

龍岡慶満

管理人:龍岡慶満
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。
二宮整体アカデミー副講師
大阪府東大阪市大蓮東3-5-3
TEL06-6726-6156

FC2カウンター

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ORコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

花粉症について 14’

今年もそろそろ症状を訴える方が出始めたので書いておきたいと思います。

花粉症についてです。

何度も繰り返し書いていますが、一番の急所は頸椎2番、3番の左右の一側になります。

もちろん目だけの症状なら2番だけ。

鼻だけの症状なら3番だけを調整します。

それと額中央、生え際にある迷走神経調整点も輸気しておきます。

そうすることで迷走神経の余分な緊張が抑えやすくなります。

あとは日常生活の注意点です。

まずは脚を冷やさないこと。

まだまだ寒い日が続いているので、もうしばらく厚手の靴下2枚は手放さない方がいいでしょう。

食べ過ぎも気をつけたいところです。

どうしても鼻の粘膜が過敏になってしまうからです。

最後に1つ。

薬の過剰摂取です。

花粉症の薬はもちろんですが、それ以外でも鎮痛剤や睡眠剤などを常用している方ほど症状の変化が鈍いように感じます。

どの薬も神経を抑制するように働くので、使い続けることで神経が鈍ってしまうのではないかと考えます。

一時しのぎならともかく根本的な改善を目指すなら薬との併用というのはむずかしいのかもしれません。


スポンサーサイト
【 2014/03/04 15:15 】

アレルギー  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 筋肉痛について | ホーム | 炭水化物不要論について >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |