その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。

リンク

プロフィール

龍岡慶満

管理人:龍岡慶満
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。
二宮整体アカデミー副講師
大阪府東大阪市大蓮東3-5-3
TEL06-6726-6156

FC2カウンター

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ORコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

冷え対策について

今回は冷えに対する対策について書いていきます。

台風が過ぎ去り気温がぐっと下がって朝晩はかなり冷え込むようになってきました。

ですが整体を受けに来られる方をみますとまだまだ薄着の方が多いです。

具体的にはズボン下のインナーを履いている方が非常に少ないのです。

確かに身体で一番冷えやすいのは足先です。

そのため靴下の重ね履きをおすすめしているのですが、足先だけがしっかりと守られていてもその上が薄いのではやはり片手落ちと言わざるを得ません。

ましてやそれで自転車やバイクに乗れば尚更です。

Gパンだけを履いた下半身に扇風機の風を当てているようなものですから。

夏が過ぎ去ったこれからの季節は確実に身体にダメージを与えます。

その点をお聞きすると

「インナーは冬になったら履いています。」

と答える方が多いです。

ですがそれでは遅すぎます。

今、膝が痛い、腰が痛い、ふくろはぎにこむら返りが起こる、太ももの後ろが突っ張る、生理痛、膀胱炎、痔・・・・etcこれらの症状を抱えながらインナーを履かないというのは致命的です。

いくら整体をしても足湯を繰り返しても後から後から冷やしていたのでは治るはずがありません。

私的には今の季節になってからインナーを履くというのでも遅すぎると思っています。

私は夏の間も薄いインナーを履き、靴下も2枚で過ごしました。

クーラーをまったく使わない生活ならここまでする必要はないかと思いますが、やはり1日中クーラーの中で過ごすのであればこれぐらいの用心は必要です。

ちなみにインナーを履いていない方は足の中指、薬指の間の冷え調整点が硬直しています。

そして主に左側ですが、腰椎4番、5番の一側が硬直しています。

しっかりと冷え対策をとったうえでこれらの硬直を調整しますと上に挙げたような様々な症状は改善されていきます。

尚、これからの季節、自転車やバイクに乗る方はインナーを履くだけでは不十分です。

インナーを履いたズボンの上から風を通さない素材の物をもう一枚履かないといけません。

これは下半身だけではなく上半身にも必要です。

冷たい向かい風は心臓にも影響を与えるからです。


スポンサーサイト
【 2014/10/17 07:20 】

冷え  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 症状の排泄について | ホーム | 歩行と脳の働きについて >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |