その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。

リンク

プロフィール

龍岡慶満

管理人:龍岡慶満
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。
二宮整体アカデミー副講師
大阪府東大阪市大蓮東3-5-3
TEL06-6726-6156

FC2カウンター

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ORコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

お風呂の浸かり方について

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

さて、新年一回目の記事ですが寒くなってくるとときどき聞かれる質問にお答えしてみたいと思います。

それは

「健康のためには湯船に浸かった方がいいのでしょうか?」

ということです。

結論から言いますとあまり関係はないと考えています。

理由はいくつかあります。

湯船に浸かった方がいいと質問する背後には普段から冷やしているという意識があるからだろうと思います。

それならいっそ充分すぎるほどに着込んで冷やさないことを考える方が賢明です。

いくらお風呂で温まってもそれ以外の時間でずっと冷えていればほとんど無意味と言わざるを得ません。

それと浸かり方にも問題があります。

首から下までしっかりと浸かるといったい何分浸かっていられるでしょう?

それぞれですが5分ぐらいがせいぜいだと思います。

のぼせてきてそれ以上は浸かってはいられなくなりますが、一番冷えている足先などはそれではとても不十分なはずです。

これらの理由で湯船に浸かることはそれほど健康に関係しないと考えています。

ちなみにですが私は普段、スポーツクラブでお風呂に入っています。

そこで20分程半身浴をしています。

相当に汗をかきますし、足先も真っ赤になり温まっています。

普段から冷やさないよう心がけていますが、プールに入って冷えたりしますので続けています。

お家のお風呂では寒いので何か着るか、浴室暖房をつけたりと工夫がいるのでなかなか難しいのかもしれませんが普通に浸かるよりは温まるのではと考えています。



スポンサーサイト
【 2015/01/03 12:00 】

冷え  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< インフルエンザワクチンの効果について | ホーム | 夜間頻尿について >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |