その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。

リンク

プロフィール

龍岡慶満

管理人:龍岡慶満
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。
二宮整体アカデミー副講師
大阪府東大阪市大蓮東3-5-3
TEL06-6726-6156

FC2カウンター

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ORコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

長時間の座位について

仕事柄、長時間座っていなければいけない時のアドバイスを求められることがあります。

事務仕事、飛行機、電車、バス移動などさまざまですが。

一番簡単なのは長時間同じ態勢で居続けないことです。

オススメしているのは1時間に1度は何か用事を見つけて席を立つことです。

水を飲む、トイレに行く何でも構いません。

やはり座っているのが2時間を超えると次に立ち上がった時、人によっては何らかの異常が身体に起きている可能性があります。

多いのは腰の異常ですが、飛行機で話題になりましたがエコノミー症候群といった重篤な疾患が時として起こり得ます。

ですが、事務仕事、飛行機、電車の場合は簡単に移動することができますがバス移動の場合少し難しいかもしれません。

トイレがついた豪華なバスならともかく、補助席まで使うようなバス移動ですとお手上げです。

しいてできるとすればその場で立ち上がって一旦姿勢を伸ばすことでしょうか?

私自身は最近、旅行に行く機会もなく長時間移動することもなかったのですが、先日「ソロモンの偽証前後編一挙公開プレミアムロードショー」というのに行ってきました。

15分の休憩を挟んで前後編合わせて5時間です。

移動ではありませんでしたが座りっぱなしということではバスとほぼ同じような状況です。

内容がヒューマンサスペンスだったため年齢層が高めで終わった後、腰を擦っている方を見かけました。

あらためて2時間以上座っているのは人によってはきついのだなっと実感しました。

映画となるとバスよりもさらに状況は悪くなります。

立ち上がると後ろの人に迷惑がかかりますから。

もし腰に不安がありそれでもどうしても映画が観たい方は一番後ろの通路側の席を取ることでしょうか。

それなら1時間に1度立ち上がってもそれほど周りの人に迷惑をかけませんので。

まあ、そこまでして映画館に行くなと言われるとそれまでなのですが。

普段、長時間座ることがないので、そういう意味でもなかなか貴重な体験ができました。



スポンサーサイト
【 2015/03/03 05:01 】

コラム  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 身体の洗い方について | ホーム | シンスプリントについて >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |