その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。

リンク

プロフィール

龍岡慶満

管理人:龍岡慶満
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。
二宮整体アカデミー副講師
大阪府東大阪市大蓮東3-5-3
TEL06-6726-6156

FC2カウンター

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ORコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

服装について

今年も蒸し暑い季節がやってきました。

一方で冷えが原因で体調を崩す方をちらほら見かけます。

そこで今回は今の季節の服装について考えてみたいと思います。

今の時期に冷やして体調を崩す方の多くは素足で生活されています。

夏は素足が当たり前と思われているようで、会社から帰ってくるとすぐに靴下を脱ぐそうです。

休日はサンダル履きが基本だということです。

これではどんな病気になっても不思議ではありません。

腰痛の原因が冷えだとお伝えすると

「えっ!」

と驚かれます。

ですが「えっ」と言いたいのはこちらのほうです。

これは整体する以前の問題です。

仮に整体操法をして冷えをとったとしても同じ生活を繰り返しているとすぐに症状はぶり返します。

もちろん腰痛だけではありません。

喉の痛み、咳、鼻水、頭痛などの症状も足を冷やしていると治りません。

他にも生理痛、痔、頻尿などもそうです。

多くの方が脳卒中を心配して降圧剤を飲んでおられますが、足を冷やしながら脳卒中を心配するなどまさに頭隠して尻隠さずを地で行っているようなものです。

では靴下さえ履いておけば後はどんな格好でもいいかというとそういうわけにはいきません。

スカート、短パンなどはやはり下半身を冷やします。

これは持論ですが、スカートや短パンを履いてもそれほど影響がないのは年齢が一桁の間だけで、ティーンエージャーになればもう履かない方が無難だと思っています。

まして中年以降になれば尚更です。

自分から病気の元を作っているようなものです。

ちなみに私は今でもズボン下と靴下2枚履いて生活しています。

慣れているのでとくに暑いとも思いません。

さすがにここまでは言いませんが、普通にズボンと靴下を履く生活はオススメします。



告知があります。

第3回の二宮整体アカデミーの夏季セミナーが行われます。

日時 平成27年8月8日(土)、8月9日(日)、8月10日(月)

場所 新大阪ワシントンホテルプラザ

講師 二宮進先生他

特別講師 安保徹先生

参加費 10000円

まったくの初心者の方、他の手技療法をされている方等々気兼ねなくご参加頂けます。

このブログを見てご参加の意志のある方は龍岡整体(TEL06-6726-6156)までお電話ください。



スポンサーサイト
【 2015/06/16 15:46 】

冷え  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< トリガーポイントについて | ホーム | 手首の可動性について >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |