その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。

リンク

プロフィール

龍岡慶満

管理人:龍岡慶満
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。
二宮整体アカデミー副講師
大阪府東大阪市大蓮東3-5-3
TEL06-6726-6156

FC2カウンター

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ORコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

突然死について

最近、比較的若い年齢の方が突然死する事例が続き、不安に思う方もあるかと思います。

テレビのコメンテーターも「誰の身にも起こり得ることです。」というような発言をしていました。

病院にかかっていた人が突然死したことを受けたコメントです。

確かにそうなると防ぎようはないと思われれるかもしれません。

ですが整体の観点から見ますとまったくの杞憂です。

人間が突然死ぬなどあり得ません。

死に至るまでにかなりの警告を発しています。

ただ今の医学がその信号を読み取れないだけです。

一例を挙げますと急性大動脈解離という疾患があります。

これは心臓の動脈が裂けてしまう疾患です。

血管が詰まるような疾患と違い、発症するそのときまで目で見ることができないのです。

従って具合が悪く事前に病院にかかっていたにも関わらず発症してしまったのです。

もし整体を受けておられたら一目瞭然です。

胸椎4番左一側と三側がガチガチに硬直していたはずですから。

このように書くと整体さえしておけば完璧に思われるかもしれませんがそうではありません。

最近突然死された方の特徴としてかなりの暴飲暴食をされていたようです。

身体を良い状態に整えておくことは大事なことですが、自分自身の生活が乱れていては意味がありません。

修行僧のような生活を送れとは言いませんが、少なくても不調を感じたのなら自重することも必要です。

それが自分自身のためであり、周囲のためにもなります。



スポンサーサイト
【 2016/05/02 07:05 】

コラム  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 五月病について | ホーム | 自然食品について >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |