その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。

リンク

プロフィール

龍岡慶満

管理人:龍岡慶満
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。
二宮整体アカデミー副講師
大阪府東大阪市大蓮東3-5-3
TEL06-6726-6156

FC2カウンター

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ORコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

寝違いと骨盤について

最近、左の首の寝違いを訴える方が続いたので、今回はこのことについて書いていきます。

症状としては首を動かしたとき左側が痛み、肩こり、肩甲骨周辺の強張りなども合わせて訴えてくる方もありました。

初めて来られた方は1ヶ月近くも症状を引きずっておられました。

発症したときは痛みが酷かったので、整形外科に行きレントゲンを撮り検査したものの異常は見つからず、湿布と痛み止めの処方をされたそうです。

しかし湿布だけでは痛みはとれず、痛み止めを飲み続けるのも怖いので整骨院に切り替えたということです。

電気をかけ、赤外線を当てられ最後に首のマッサージを念入りにしてもらうと一時的に症状は改善したそうです。

ですが一晩寝ると元の木阿弥で、どうかすると余計悪化していたこともあったようです。

これは左の首に症状が出ているのですが、根本原因は左の首にないからです。

一番の原因は左の骨盤の開き過ぎです。

左の骨盤が開き過ぎますと左半身の機能がすべて低下します。

左の肩が下がり、胸椎4番左3側に硬直が現れます。

胸椎4番左3側はちょうど肩甲骨の辺りです。

心臓の収縮が悪くなるので、頭に行く血液が不足し左の首が緊張するようになります。

とくに頸椎3番左3側の硬直は顕著です。

他にも左後頭部調整点にも硬直が現れます。

こうなってくると肩こりや寝違いだけでなく、頭痛の原因にもなります。

調整法はまず左の骨盤を閉めます。

その上で左の仙椎3番外縁、胸椎5番3側、胸椎12番3側を調整した後に上記の急所を調整すれば症状は改善していきます。

気をつけたいのは左の骨盤が開き過ぎる生活をしないことです。

食べ過ぎ、寝過ぎです。

これらを続けているといくら身体を調整してもまたすぐに悪い状態に戻ってしまいます。

身体の調整と共に日常生活の見直しも大事になってきます。



スポンサーサイト
【 2016/10/17 17:00 】

身体のしくみ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 盲腸について | ホーム | 神経性頻尿について >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |