FC2ブログ
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。

リンク

プロフィール

龍岡慶満

管理人:龍岡慶満
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。
二宮整体アカデミー副講師
大阪府東大阪市大蓮東3-5-3
TEL06-6726-6156

FC2カウンター

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ORコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

盲腸について

先日、テレビで盲腸の特集をやっていたので、今回はこのテーマで書いていきます。

正式名称は虫垂炎で、盲腸の先にある虫垂が炎症を起こす疾患です。

番組を見ていて驚いたのですが、西洋医学では未だに正確な原因は不明なのだそうです。

整体の観点から言いますと原因は食べ過ぎです。

基本、化膿して膿が溜まるような疾患はすべて同じ原因と考えて差し障りありません。

ウィルスや細菌感染などと言われますが、それはあくまでも引き金です。

カロリーオーバーで常に血液をはじめとする体液を粘らせていることが根本にあるのです。

今は薬も進化したのか、昔ほど即手術ということにはなっていないようです。

ですが、食べ過ぎでカロリーオーバーの生活を続けていると何度も症状を繰り返すようになり、いずれは手術することになってしまいます。

整体における盲腸の調整点は腰椎2番右3側です。

右の骨盤を上げる調整を行った後に輸気をします。

腰部消化器調整点(腰部活点)の調整法がもっとも適しています。

右脚の大腿部内側にも硬直があらわれるので、合わせて輸気をしておきます。

ちなみに虫垂は脾臓と関係が深く、放射能の影響から体を守っていると考えられています。

ですから虫垂を切除した方は被爆した場合、多少不利な面があるかもしれません。



スポンサーサイト
【 2016/11/01 14:51 】

消化器  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 皮膚掻痒症について | ホーム | 寝違いと骨盤について >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |