その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。

リンク

プロフィール

龍岡慶満

管理人:龍岡慶満
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。
二宮整体アカデミー副講師
大阪府東大阪市大蓮東3-5-3
TEL06-6726-6156

FC2カウンター

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ORコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

お正月の過ごし方について

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

毎年のことになりますが、お正月があけると左の骨盤の弛み過ぎている方を多くお見かけします。

原因はご馳走の食べ過ぎです。

ここでも何度か書きましたが、お正月の食べ物は保存の観点から味が濃く高カロリーの物が多いのです。

とくにお餅。

最近は炭水化物を控える健康法が流行っていますが、お餅はその真逆をいく物です。

普段はそんなに食べなくてもお雑煮などに入っているとついつい数を食べ過ぎてしまいがちです。

あともう1つ注意したいのが寝過ぎです。

普段忙しくしている人ほどお正月に身体を休めようとどこにも行かずゴロゴロ寝て過ごしてしまいます。

一見良さそうに思いますが、実は非常に身体にとってはマイナスです。

人間の身体は酷使し過ぎはもちろんよくありませんが、休ませ過ぎるのもよくないのです。

寝たきりの方を想像してもらえればわかりやすいと思います。

元気になるどころか身体はどんどん弱っていってしまいます。

同じ理屈で休みの間中、ゴロゴロ寝て過ごすというのはオススメできません。

おまけにご馳走を食べ過ぎているわけですから、休み明け身体がだるくてだるくてどうしようもなくなってしまいます。

今年のお正月は天気も良いみたいですし、散歩がてら初詣などに出向くのがいいんじゃないでしょうか?



スポンサーサイト
【 2017/01/01 14:59 】

時期  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 風邪の時の入浴法について | ホーム | 巻き爪について >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |