その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。

リンク

プロフィール

龍岡慶満

管理人:龍岡慶満
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。
二宮整体アカデミー副講師
大阪府東大阪市大蓮東3-5-3
TEL06-6726-6156

FC2カウンター

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ORコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

冷やしてはいけないところについて

汗ばむ陽気になってきました。

ついつい服装も薄くなりがちです。

だからこそ冷やしてはいけないところというのを改めて知っておいて頂きたいのです。

具体的には足先と上背部です。

この2つは暑くなってくると途端に露出されてくるところです。

とくに女性においては。

筋肉量が少なく冷えやすい女性のファッションの方が、冷えに対して無防備になっているのは何とも皮肉な話です。

足先ですが、パンプス、ミュール、サンダルと女性用の履物はすべて靴下を履かない前提になっています。

これでは足の甲にある冷え調整点が硬直し、腰痛、膝痛、生理痛、膀胱炎、扁桃腺炎等の原因になります。

上背部ですが、Tシャツなどにしても女性物の方が胸元や上背部にかけて大きく開いている傾向にあります。

男性と違い、美しく見せるための工夫なのでしょうが、健康の観点から言わせて頂くとまったくの×です。

これからの季節、クーラーの風が直接上背部に当たると頭痛、肩こり、貧血、めまい等の原因になります。

他にも上背部は背骨で言いますと胸椎の1番、2番、3番辺りになります。

ここは気管支と関係が深いので、直接冷たい風が当たって冷えると喘息のような咳をするようになってしまいます。

このように足先と上背部は決して冷やしてはいけない急所となっています。

ですから職場環境によっては難しいかもしれませんが、可能ならば靴下を履いてスニーカーを。

上背部にはスカーフ等でいつでも防御できることをお勧めします。



第5回二宮整体アカデミー夏季セミナーが開催されます。

日時 平成29年 8月19日(土)、20日(日)

場所 新大阪ワシントンホテルプラザ

参加費 1万円/人(2日間)

お問い合わせ先 
二宮整体アカデミー本部 TEL0797-32-8711

二宮整体アカデミーホームページ
スポンサーサイト
【 2017/06/01 15:20 】

冷え  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 見える異常と肩こりについて 2 | ホーム | うつ病と認知症について >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |