その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。

リンク

プロフィール

龍岡慶満

管理人:龍岡慶満
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。
二宮整体アカデミー副講師
大阪府東大阪市大蓮東3-5-3
TEL06-6726-6156

FC2カウンター

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ORコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

踵歩きについて

引き続き暑い日が続き、クーラーによる冷えの症状も途切れることがありません。

とくに最近多かったのが、こむら返りです。

寝ている間にふくろはぎの筋肉が引き攣れ、大変な痛みを伴います。

人によっては膝裏、あるいは大腿の裏側が攣るということもあります。

これは冷えによって脚の裏側の屈筋群がすべて縮むために起こります。

予防するには足湯をするか、冷え調整点に輸気をするのが効果的です。

ですが毎日となるとなかなか続け辛くもあります。

そこでおすすめしたいのが踵歩きです。

読んで字のごとく踵で歩きます。

やって頂くとわかりますが、踵で歩くと脚裏の筋肉全般が伸ばされます。

アキレス腱、ふくろはぎはもちろんですが、大腿の裏まで伸ばせるのは貴重です。

ストレッチなどでもふくろはぎまでしか伸ばせないものが多いからです。

冷えた直後に何歩か歩いておけば、こむら返りの予防に役立ちます。

ただ転ばないよう注意してください。

それと脚に不調のある方は無理をしないでください。

冷えをとるために症状を悪化させてしまっては本末転倒ですから。



第5回二宮整体アカデミー夏季セミナーが開催されます。

日時 平成29年 8月19日(土)、20日(日)

場所 新大阪ワシントンホテルプラザ

参加費 1万円/人(2日間)

お問い合わせ先 
二宮整体アカデミー本部 TEL0797-32-8711


スポンサーサイト
【 2017/08/01 15:38 】

冷え  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 慢性型熱中症について | ホーム | 冷房中の服装について >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |