その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。

リンク

プロフィール

龍岡慶満

管理人:龍岡慶満
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。
二宮整体アカデミー副講師
大阪府東大阪市大蓮東3-5-3
TEL06-6726-6156

FC2カウンター

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ORコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

衣替えについて

私事ですが、久しぶりに風邪の処置を誤り長引かせてしまっています。

始まりは先々週末からです。

扁桃腺が腫れ、喉の痛みを感じるようになりました。

足元を温かくし、濃いお茶でうがいをし、週明けには整体操法も受け順調に回復の兆しを見せていました。

が、ここで失敗してしまいます。

寝冷えです。

10月に入って夏用の布団から合い布団に変えていました。

グッと温度が下がった時はよかったのですが、先週中ごろ夏日になった日が何日かありました。

とはいえ真夏ほど暑くなるわけではないので、そのまま合い布団を使い続けました。

結果、夜中暑くて布団を蹴り何もかぶっていない状態で目を覚ましました。

当然のように治りかけていた風邪は悪化。

扁桃腺の腫れは治まりましたが、代わりに咳が始まりました。

加えて青洟が絶えず出続けています。

さすがに週をまたいだので、そろそろ終盤にさしかかっているとは思いますがまだ完全には咳も鼻水も治まっていません。

毎週来られている方に

「先生、風邪は良くなられましたか?」

と訊かれた時は汗顔の至り。

整体師として恥じ入るばかりです。

それもこれも一旦片付けた夏用の布団を面倒くさがって出さなかったことに他なりません。

衣替えは服装、寝具も含め、面倒くさがらず気温に合わせてこまめに調整しないといけないと骨身に染みさせられました。



スポンサーサイト
【 2017/10/16 16:27 】

冷え  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< インフルエンザワクチン接種について | ホーム | 睡眠負債について >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |