FC2ブログ
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。

リンク

プロフィール

龍岡慶満

管理人:龍岡慶満
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。
二宮整体アカデミー副講師
大阪府東大阪市大蓮東3-5-3
TEL06-6726-6156

FC2カウンター

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ORコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

インフルエンザワクチン接種について

今の時期になりますと、若いお母さんや年配の方に

「インフルエンザワクチンは打ったほうがいいんでしょうか?」

という質問を受けることがあります。

そこで今回はインフルエンザワクチンの要不要を書いていきます。

結論から言いますとインフルエンザワクチンは必要ありません。

予防効果がないことはすでに隠しようがないのか、最近は感染した後の重症化予防が主目的のようです。

ただ各医師によるホームージやブログなどでは感染予防にも効果的と書く方も見受けられます。

それはともかく、感染予防にしても重症化にしてもいったいどうやってデータを出しているのか本当に不思議です。

私は小学校の強制接種以降は打ったことはありませんが、ここ10年来記憶にある限りはインフルエンザに罹ったことはありません。

もし私がずっと打っていたらワクチンのおかげということになるんでしょうか?

重症化にしてもそうです。

インフルエンザに罹り40度の熱が出たとします。

患者側から見れば重症化したと考えると思います。

しかし医師側からしてみれば命に関わるところを熱だけで済んだと言うかもしれません。

ここまで来るともはや神のみぞ知る世界です。

データの上でも無効とするデータもあれば有効とするデータもいろいろです。

もっと言えば同じデータを見ても立ち位置によって意見が別れてしまうのが現実のようです。

これで副作用が100%ないとなれば、後はご自分の判断でと言いたいところですがやはりそんなわけにはいきません。

効果のほどは疑問符がつきますが、副作用の可能性は必ずあります。

そういったことを踏まえて考えるとやはりインフルエンザワクチンは要らないといった結論に達するのです。
スポンサーサイト
【 2017/11/01 13:00 】

インフルエンザ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 咳喘息について | ホーム | 衣替えについて >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |