その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。

リンク

プロフィール

龍岡慶満

管理人:龍岡慶満
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。
二宮整体アカデミー副講師
大阪府東大阪市大蓮東3-5-3
TEL06-6726-6156

FC2カウンター

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ORコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

感染症について

本格的な冬の季節が到来しました。

この時期になるとインフルエンザ、ノロウイルス、ロタウイルス等々といった感染性の疾患が流行し始めます。

温度が低くなり空気が乾燥してくることで、細菌やウイルスが活動しやすくなるからです。

整体指導をしていましても

「熱があるので今回はキャンセルさせてもらいます。」

と断られることがあります。

無理して人混みに出るより、家で安静にしておく方が良いのは当然です。

ただ家が近所で

「どうしましょう?」

と判断を委ねられることがあります。

その時は受けに来てもらいます。

どういった疾患であっても身体を整えておけば早く経過するからです。

皆さんが遠慮されるのは私にうつしてしまわないか心配されるのです。

ですがまったくの杞憂です。

風邪も含めた感染症に罹る罹らないは当人の状態によります。

インフルエンザの人に真横で咳をされても罹らないときは罹りません。

逆に感染を防ごうと隔離したとしても罹るときは罹ります。

ポイントはやはり身体の冷えです。

身体が冷えた状態であればどんなに注意しても感染を引き起こしてしまいます。

気温と同じで体温が低い状態であれば、細菌、ウイルスは活動しやすいからです。

今の季節、インナーも履かず綿の靴下1枚で過ごしながら、感染症予防にうがい、手洗いをしっかりしている様子を見ると「頭隠して尻隠さず」ということわざが浮かんでしまいます。

身体をしっかりと保温した上でうがい、手洗いをすればさらに効果的なはずです。

もう1つ、食べ過ぎにも注意しておきたいです。

ノロウイルス、ロタウイルスといった胃腸炎を引き起こすウイルスは、普段から胃腸に負担をかけているともらいやすくなるからです。

もし罹ってしまったときは思い切って減食することが、早く経過させることにつながります。



スポンサーサイト
【 2017/12/01 06:12 】

アドバイス  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 溶連菌について | ホーム | 咳喘息について >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |