その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。

リンク

プロフィール

龍岡慶満

管理人:龍岡慶満
その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。
二宮整体アカデミー副講師
大阪府東大阪市大蓮東3-5-3
TEL06-6726-6156

FC2カウンター

ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ORコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

動悸について

先週、動悸の症状を訴えられる方が続いたので今回はこの事について。

今の時期に起こる動悸には冷えが大きく関係しています。

寒さのせいで胸椎8番が硬直を起こし飛び出してきます。

胸椎8番は交感神経の急所ですので、異常があると交感神経の過緊張を起こします。

その過緊張が胸椎4番に波及すると動悸につながるのです。

調整法は左の骨盤を閉める基本操法に加え、仙椎孔左3番、腰椎4番左2側、胸椎8番左2側、胸椎4番左1側に輸気をします。

とくに胸椎8番が飛び出しているような場合、三段抜きの操法が大変有効になります。

上手くできるといち早く弾力が回復します。

但し、ある程度訓練をした上でないとなかなか難しいので、自信の無い方は輸気だけの方が無難です。

胸椎8番の弾力が回復し、胸椎4番左1側の硬直が緩むと動悸は治まります。

ちなみに胸椎8番の弾力が無くなり、右3側が硬直すると血圧が上昇します。

胸椎11番左1側に異常が来ると激しい腹痛になります。

今の時期に動悸を起こすような方が注意しなければいけない生活習慣は自転車及びバイクです。

冷たい風を胸に当てることで血管が縮み、動悸を誘発します。

どうしても乗らなければいけない場合、風を通さない革かレザーの上着を必ず着用することです。

いくら厚着をしても風を通すような素材では症状は防げません。



スポンサーサイト
【 2018/01/15 16:38 】

循環器  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< インフルエンザ対策について | ホーム | 感覚について >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |